美味しいもの大好き!アメリカンベーキングから始まって、弓田ボスのイル・プルー・シュル・ラ・セーヌお菓子教室卒4終了 美味しいお菓子を伝えたくて小さなお菓子教室を熱田区でopenしています



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

kinakonory

Author:kinakonory
ブロードウェイとABT、そしてお菓子、何十年も温めてきた夢
 松之助 N.Y.、 マキコフーズ・ステュディオにてディプロマ取得後、イル・プルー・シュル・ラ・セーヌお菓子教室卒研4終了、丹羽ゆかり先生 ベルーエ・コンセイユ講習会etc.に参加  お菓子の勉強はエンドレス 

Flashカレンダー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

がんばってみようかな!! ポチッとよろしくお願いいたします
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
マウスについてくる星
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


旅準備⑥ 骨格

   
まるでジグソーパズルを仕上げていくように、旅のスケジュールがうまっていきます
一日目は夕方着で、翌日はランス•シャンパーニュ地方日帰りツアー
金、土、日曜日、たぶん金曜夜はルーブル美術館の夜間拝観後、夜景ツアーに参加して、
日曜日はクリスチャンではないけれどシテ島でミサに参加して、
月曜日はロンドン日帰り、ロイヤルバレーのマチネ鑑賞、
火曜日午後、水曜日午前のルノートルでのお菓子レッスン参加、水曜日夜便にて帰国
そんな骨格になってきました

行きたい所、お店、食べたいもの買いたいもの
これからふるいにかけていきます
皆様からのアドバイス、お待ちしていますm(_ _)m

by the wey (過去記事と重複しますが)
ホテルを昨年9月、はやばやと NO REFUNDABLE(まちがえて)で 
某websightから予約してしまったので
今回、一日追加になり、それは直接同じホテルのサイトから1泊で予約完了しました
チェックアウト日の荷物預かりの確認メールで、今までの問い合わせ(予約確認)メールに続けて、
一泊追加で予約したのでよろしくお願いします。ところで荷物あずかってくれます?
というメールに対しての返信がなくて、メール届いてますか?メールを全て、拙い英語でしたのですが、
これってやりすぎ? まさか二重予約になってない? と、今、悩む私です
本当にチキンハートには荷の重い、
でも、組み立てるのが好き♪な私はやめられない個人手配です  コマッタモンダ
スポンサーサイト
| comments(7) | trackbacks(0) | page top |
チェックインの日とチェックアウトの日は、荷物を預かってくれますよー。
わたし、しょっちゅうホテル替えしてるでしょ。
朝にチェックアウトして荷物だけ預け、
一日でかけてから夕方に荷物をピックアップってことが多いし、
長期滞在時に途中1泊でベルギーやフランスの地方に行ったときに、
スーツケースを1日預けたこともあります。
断られたことは一度もないです。。

それとたしかHさんで予約されてましたよね。
基本的に”ホテル予約サイト”からホテルに宿泊者名のリストが届くのが
だいたい1週間~3日前のようです。
シャワーのみで予約して、「バスタブ付きにして」という
ずうずうしい、お願いメールはその頃してます^^
なので、最初の予約分は、まだホテル側にkinakoさんの名前はないから、
通じてないのかも。。

宿泊の追加の場合も予約番号が2つになり、
可能だったらずっと続きで同じ部屋を使えるようにしてくれると思いますが、
たまに最初からこの予約はこの部屋と決めて予約を取っているホテルだと、
予約番号が違うと別の部屋になってしまうこともあります。
私の時は、同じ部屋が使えなくて、朝にフロントに荷物を預けといたら、
夕方に戻ると新しい部屋に荷物だけ運んでくれてましたが。。

わたし・・変な予約していることが多いし、
日が変わるぐらいに到着なんてこともあるんで、
ドキドキすることも多いです。
予約したという証拠をわざわざ英語バージョンで紙にだして、
(こういうのも3部ぐらい出しているんですヨ^^)
iPhoneにも出して、”例の写真で保存”(ボタン同時に2つ押しですよ~)したりして、
フロントで日本語でも文句言う覚悟で行ったりもしてます^^

あ。長くなりました。。説明が下手なのですみません。
週末の朝は、蚤の市か朝のマーケットがおすすめです。
この前久しぶりに行ったラスパイユのビオマルシェの
量り売りのドライフルーツが最高でした~
過去のを読み直したら、予約確認メールは、届いてるんですね。
じゃあ、返事が来ないのは心配ですよね。
Re: タイトルなし
ミヤコさん
ご丁寧にありがとうございます
そうなんです。過去はサクサクお返事が来ていたので・・・
1泊+6泊という予約になってしまったので、同一人物って知ってほしくてメールしたんですが・・・
荷物を預かるのは当たり前です ってことでお返事がないと解釈することにしましたが、ドキドキ
支配人が代わったのかしら・・・

ところで、他に1泊しても荷物だけでも預かってくれるんですね!!
次回はそれを活かしてみたいです 
今回もロンドン1泊とかアムステルダム1泊とか妄想したんですよ~♪

ラスパイユのビオマルシェ、いいですねe-349
前回、マルシェに行っていないので、今回は是非☆行ってまいりまつぅ~
こんにちは。もうすぐですね〜♪ こちらまでワクワクです。
大体のところをミヤコさんが書いて下さってるので特に付け加える事はないですが、
これまでの私の経験上でも荷物は預かってくれると思って良いと思いますよ♪

私はParisやMilanを拠点に欧州内をあちこちする事が多かったですが、そういう場合、
大きなスーツケースを預けて、小さなキャリーで他の国に出かけたりしましたが断られた事はないです。
ただ、ホテルによって対応の違いはあるかもしれません。

あくまで私の経験上ですが…↓
最近定宿にしてるParisのアパートメントホテルの場合…
「私達は管理はする…荷物は自分で持って行ってね」等いわれるいわば"自己責任"タイプ、
夫と利用する時のちょっと良いホテルだと、ドアマンが運んでくれて、ホテルのネームタグを付けて受け取りも
確認して渡してくれる"楽々安心タイプv-218]"(笑) でしょうか?!

心配だったら再度『メールをうけとってない』とメールしても良いと思いますよ。
予約係りの人は一人ではないし、「やり過ぎ」とか気にしなくても良いと思うんですが…
自分が安心する為に、です。
私もホテルのHPからだけでなく、某サイトからの予約でもリクエストしたりします。
キャンセルする時はちゃんと出来てるか不安だったりしますものね。
で、実は案外杞憂だったり…(笑)
上手くいくと思いますよ、きっと
もうもう、スケジュールいっぱいですね♪
考えるだけで楽しくなりますねーーー^^
ランス、パリとは違って、のんびりですし
人々は素朴で優しく(けど英語があまり通じない^^;)
食べ物が安くて美味しかった記憶があります。
ロンドンにも行かれるし、羨ましいですぅ~~(≧∇≦*)

ホテルの件ですが
お返事がないのは、気分的に、ちょっと・・・ですよね。
けど、荷物は全然OKですよ。
ミヤコさん同様、私も過去何度も荷物預けてます。
(なんと3日間預かってもらったこともあり!)
もしかしたら、敢えて返事する必要のない要件なので
返事がないかもしれませんね。
たまに、そういうホテル、ありますよ。

しつこいかもしれませんが出発前日に
「明日から○○泊お世話になる◎◎です。
△△(エアラインコード)▲▲便、ドゴール到着○○時です。
よろしくお願いします」
とメールされれば安心だと思いますよ~。
Re: タイトルなし
maikohanさん
ありがとうございます
ちゃんと返信もらえたら、予備でおさえてあるホテルをキャンセルしようと
勝手に考えていたのであせりましたが、たぶんたぶんだいじょうぶではないかと・・・
お迎えに来てくださる方は日本の方なので、万が一の時はその方にお願いして色々、お聞きします

今回は以前、maikohannさんが書いていらした 牡蠣 のお店に行ってみようと思っています
先回、サンマロで食べれなかったので、今回はすごく楽しみ~♪
スーツケースをそろそろ引っ張り出そうかな? 
とドキドキからわくわくモードになってきました(笑)

Re: タイトルなし
pyonさん
ありがとうございます
のんびり旅がなかなかできないようです(笑)
ランス、ますます楽しみになってきました♪
もちろんシャンパーニュが私をランスにひきつけたのですが、
もうひとつ、クレーム・シャンティの発祥の地も惹かれてるんですよ~(また食べものがらみ!!)

ホテルの件はpyonさんが教えてくださったように
出発前日に 「明日からお願いします」メールをいれることにいたします
やれることをしていきます!!

ところで昨夜、ロイヤルバレエの舞台映画「眠れる森の美女」を見に行きまして
オーロラ姫が本当にきらきら輝いて、良い出来で感動したのですが
オペラハウスの周辺や劇場内が映ると「あ~、ここにはるばる行くんだなぁ」と思うだけで
じーん ときてしまいました


この記事のトラックバックURL:
http://kinakonory.blog79.fc2.com/tb.php/428-7644c1a0
<< NEW | TOP | OLD>>